標準体重と美容体重

ダイエットを成功させ、体重を減らしたいという人はたくさんいますが、まずは標準体重と自分の体重の開きを確認しましょう。標準体重とは肥満でも痩せすぎでもなく最も健康的に生活ができると統計的に認定された理想的な体重をいいます。身長(m)を二乗し、22を掛けると標準体重が出ます。人間の体は個人差が大きいので、標準体重の計算の方法は、あくまで目安の一つと言われています。実際、その人の標準体重がどのくらいかは、筋肉のつき方や、骨の状態によっても違いがあるものです。試しに標準体重を調べてみたところ、感覚的には太り気味と感じる体重が計算で出てきたという人もいます。外見を重視した場合、標準体重よりも体重を少なくしたい、今よりもっと細身体型になりたいという人もいます。女性が美容上の目標とする体重、健康的にほっそりと見える体重は、美容体重といって標準体重とは異なる計算式で出すことができます。美容体重は、身長の二乗に20を掛けた数字で表せます。モデル体型になるともっと細く、身長の二乗に17を掛けた数がベースになります。細くなることにこだわりすぎると、健康的な体重でいられなくなります。体のラインを引き締めたり、体脂肪を増やしすぎないことに関心を持って、ダイエットをするようにしましょう。きゅっと引き締まった体になるためには、当面は標準体重になることを目指して、体にいいダイエットをしていまことです。

肥満から標準体重へのダイエット

もしも肥満体型の人がダイエットに取り組むのであれば、まずは標準体重を目指すようにするといいでしょう。標準体重をめざしてダイエットをするには摂取カロリーのコントロールをすることが重要です。大抵の場合、肥満の人の食事はカロリーオーバーです。食事内容を見直すことが、まずは第一歩です。食事を適正量にしつつ、日々の体重を計測していきます。毎日体重を測ることで、肥満だった体重が標準体重になっていくことがわかりやすくなり、モチベーションの維持効果が期待できます。どのくらいの食事量がちょうどいいかも、徐々に理解できるようになります。標準体型になるためには、よく噛んで食事をする習慣をつけること、夜は食べ過ぎないこと、体を動かすよう心がけることがポイントです。肥満の人がいきなり激しい運動をすると長続きはしませんので、歩くことから始めましょう。普段の生活の中でなるべく歩くように心がけるだけでも良いのです。階層内の移動には階段を使うようにしたり、バス停や駅を一つ手前で降りて歩く機会を増やすなどのちょっとした取り組みからがいいでしょう。毎日30分くらいのウォーキング時間をもうけることができれば、ダイエット効率も上がります。ウォーキングで物足りなくなってきたら、ジョギングやランニングなど運動量の多いものをすると効果が倍加します。食事の改善でカロリー摂取量を少なくし、運動によって消費カロリー量を増やすことによって、肥満体型を標準体型にすることが可能です。

標準体重から美容体重へのダイエット

ダイエットがうまくいって標準体重になれると、次には美容体重になりたいと考える人は少なくないようです。肥満から標準体重へのダイエットとは違い、標準体重から美容体重へのダイエットはすこし大変です。食事内容を見直してカロリー制限をするだけでなく、有酸素運動をすることで脂肪を燃焼させていくことです。プロポーションを整えるために運動によって脂肪を燃やし、筋肉をつけて新陳代謝を高めることです。美容体重のためにダイエットに取り組みたいという人は、日々のストレッチがおすすめです。プロポーションのいい体になるためには、ストレッチで体を引き締めくびれをつくることです。体に蓄積されている脂肪が燃えやすいように有酸素運動をするのもいいでしょう。運動をする前にアミノ酸のサプリメントを摂取してより脂肪を燃焼しやすくするという方法もあります。標準体重から美容体重になるためには、食事内容にも気を配らなければなりません。朝食を多めに摂取し、夕食を少なくする、朝ご飯重視型の食習慣もいいでしょう。夕御飯のカロリーコントロールがしやすくなりますし、うっかりカロリー過多になることもありません。体重を美容体重にまで少なくすることができれば、なかなか細くなりづらい下腹部や足のスリムアップが可能です。食事内容をセーブして適正カロリーの食事をすることや、有酸素運動をしっかり行うことが、標準体重をさらに減量して美容体重にするためのポイントです。